5

1

Outline

プロジェクトタイプ:新築/ビジネスプロデュース
埼玉県さいたま市南区鹿手袋、中浦和駅と浦和駅をつなぐロードサイド(県道40号線)に面する鉄骨二階建てテナントビルを設計するプロジェクトです。通常のテナントビルでは1Fの価値が高くなるため2F物件としての価値をいかに引き上げるかが課題でした。のぼりたくなるような階段のデザインをすることによって、2階テナントの視認性の悪さをおぎないました。開放的な階段を道路が交わるコーナーへ設けアイストップ効果を高めたり、円滑にアクセスできる様子を表現するデザインとしました。屋上部分はそれぞれのテナントの業種に合わせた付加価値部分としてテラス席となったり、多目的スペースになったりします。入れ替わりが激しいテナントビルの特徴を加味し、床面積の大きさもテナントごとで用途変更がいらない100㎡以下として経済的な合理性を考慮しながらボリュームを設定しデザインしました。

2
33
4