KD2020-main-1

Outline

プロジェクトタイプ:リノベーション、二世帯住宅
東京都世田谷区に建つ築15年の木造2階建ての住宅を二世帯住宅へリノベーションするプロジェクトです。このプロジェクトでは家族形態の多様化に伴い、各世帯が独立した生活様式が増え、既存建物に新たな広さや大きさが求められるなかで、改修工事につきまとう既存建物の制約をデザインに昇華しながら、住み継ぐ時代のデザインの形を目指しました。1階を子世帯、2階を親世帯とし、玄関を共有する部分共有型の2世帯プランを採用し、建物を部分的に最小限に改装し、居住性の問題の解決と家族形態を豊かに更新することを試みています。2階は2室に別れていた空間を親世帯のLDKとし、十分な床面積と天井高を獲得する計画である。2階改修の過程において現れた構造体は無秩序でまとまりのない状態となっていました。そこで柱を中心に展開する連続したアーチ天井を用いて、煩雑な構造部材を隠蔽しながら新たな空間の質へと転換しました。一方、1階は子世帯の共有廊下の居住性の向上が目的でした。私は様々な用途に対応できる棚を設け、家族の多様な振る舞いに応えられるようにしました。この棚は書斎であり、本棚であり、飾り棚であり、収納でもあります。この計画では、部分改修によって生じる既存建物とのズレを素材や色遣いによって、新旧の空間の切替えによる新鮮さや豊かさとして積極的に享受することを実現しました。

winner_Renovated to a 2 family house_image 2
GD2020-kmd-3
GD2020-kmd-doc1
GD2020-kmd-doc3
GD2020-kmd-doc4
KD2020-main-3
GD2020-kmd-doc5
GD2020-kmd-doc6
GD2020-kmd-doc7